Mariannegel Online SHOP

 

アルガンMIZU クリーム

アルガンMIZU クリーム

天然のアルガンオイルを配合(タルガニンプログラム) ケラチンドライが起こり角質層に水分を蓄える事が出来なくなった摩耗したお肌や傷ついたお肌を優しく守りながらお肌を健康に、若々しいお肌をつくります。 ケラチンの保湿だけでなく、特許ヒアロオリゴ(超低分子ヒアルロン酸)の働きにより、皮膚表面のうるおいだけでなく角質層まで届かせることにより、お肌の内側に水の膜をつくりもっちりとした水々しいお肌をつくります。 有効成分 【ホホバ種子油】 シムモンドシア科の植物、ホホバの乾燥した種子から圧搾法で得られるオイル。 油剤、保護剤、コンディショニング剤として使われる。優れた保湿効果があり、乾燥した皮膚に油分を補ない、肌からの水分の蒸発をしっかりと防いで肌あれを予防。一方、脂肪腺からの皮膚分泌を抑える働きがある。にきびの治療、フケ防止。 皮膚への浸透性が良く、肌につけた感触はべとつかずさっぱりします 【スクワラン】 天然オイル。深海にすむサメ類の肝油中に多く含まれるスクワレンを、酸化しないように水素添加し安定化させたもの。ベニバナやコーン、オリーブオイルからも取れる。オリーブから取れたものはオリーブスクワランといわれる。人の皮脂中にも含まれ、減少すると細胞に充分に酸素を供給できなくなり、細胞老化が進む。 スクワランには保湿、収れん、柔軟作用があり、油剤、コンディショニング剤、保護剤などに用いられる。肌のバリア機能を高め、あせも・ニキビ・吹き出物を予防・改善。 【シア脂油】 シアの種子から得られる植物油脂。エモリエント効果が高く、特に日焼けから肌を保護する。 【アルガニアスピノサ核油】 アカテツ科植物アルガンArgania spinosa の核から得られる脂肪油。肌へ水分を補給し、乾燥肌やシワの予防に優れた効果を発揮。肌や毛髪の栄養補給や保護、柔軟化させる働きも持つ。 アルガンツリーはモロッコの南西部にしか生息しない国有の木で、必須脂肪酸量を多く含み、トコフェロールとポリフェノールで構成される天然の抗酸化成分やフィトステロールも豊富に含まる。 【酢酸トコフェロール】 ビタミンE誘導体の一つで、末梢血管の拡張作用や血行促進作用、皮脂の酸化防止効果があり、肌荒れや皮膚の老化を防ぐ。ビタミンCと併用で効果が高まるとの研究が報告されている 【イノシトール】 ビタミン様物質のひとつ。グレープフルーツなどの植物や、動物、微生物に広く分布。穀類に含まれるフィチン酸を加水分解して得られる。白色の結晶や結晶や結晶性の粉末。においはなく甘みがあります。 【トウモロコシエキス】 イネ科植物トウモロコシの種子から水で抽出されたエキス。成分には糖類、アミノ酸類、そして若干ですがタンニン類が含まれる。保湿効果に優れている。 【ボタンエキス】 ボタン科の植物のボタンの根の皮からエタノールで抽出したエキス。成分には、配糖体のぺオノール、ペオノリット、ペオノサイト、アラントインなどを含む。抗炎性、鎮痛、沈静作用、抗酸化作用、血行促進効果などを持ち、肌あれやアンチエイジング紫外線から肌を守る目的の化粧品に配合されている。 【アルテア根エキス】 アルテア(ウスベニタチアオイ、ビロウドアオイ)の根から抽出されるエキス。皮膚をしっとりなめらかに保つ効果や刺激を緩和する作用、抗炎症作用、収れん作用。 【フユボダイジュ花エキス】 シナノキ(ボダイジュ)の花から抽出される。ヨーロッパでは入浴剤として、リュウマチ、痛風、関節炎などに用いられる。粘液質、タンニン、フラボノイドなどを含み、抗炎症作用、収れん作用などのほか、抗シワ作用も認められている。 【アルニカ花エキス】 キク科植物のアルニカの花や根から取れるエキス。抗炎症、刺激緩和、沈静、保湿、血行促進の作用、保湿性、収れん作用があり、肌荒れやにきびなどの肌トラブルを防ぐ目的で化粧品に配合。消血管を拡張する事によって血流量を増加し、血液の抹消循環を改善しセルライトの除去作用が期待されている。ロチノイド、フラボン、タンニン、トリテルペノイド、サポニンなどの成分が含まる。 【オウゴンエキス】 オウゴンの根から抽出されるエキスで、メラニン生成抑制作用や抗炎症作用、抗アレルギー作用があり漢方では解熱、消炎剤として使われている。 【キダチアロエ葉エキス】 アロエ科アロエ属*の植物の一種で、やけど・傷の治りを早める・便秘などへの効能が期待され、また漢方の原料としても使われている。 【カッコンエキス】 マメ科のつる性多年草クズの乾燥した根から抽出されるエキスの事。クズは、中国や日本、韓国に多く自生している。日本では食材として利用されている。 根は中国では古くから漢方薬の材料として、重宝され使われてきた。生薬名は「葛根(カッコン)」。発汗、解熱などの作用があり、古くから風邪薬としても利用されてきた。 ただしエキスとして使われだしたのは近代になってから。カッコンエキスは、イソフラボン配糖体やサポニンを含む。化粧品成分としては保湿効果、表皮と角化細胞の増殖促進作用、血行促進作用、抗炎症作用、皮脂の過剰分泌の抑制作用、収斂作用、紫外線吸収作用、また痒み止め効果や、紫外線吸収作用チロシナーゼの活性阻害による美白作用、女性ホルモンに近い作用がある。また近年コラーゲン合成促進作用が高いことが注目され、シワ・たるみの改善作用が期待されている。 【オレンジ果汁】 オレンジの果実を圧搾し得られた果汁を精製したもの。収れん作用、血行促進作用、保湿力にすぐれ肌をなめらかに保つ効果がある。 【リンゴ果汁】 リンゴ酸、糖類、タンニンなどを含むリンゴ由来の成分。穏やかなピーリング作用があり、皮膚を柔軟に保つ。 【レモン果汁】 レモン果実を圧搾して得られるエキス。穏やかなピーリング作用があり、皮膚をしっとりなめらかにする目的で使用される。ビタミンCを多く含み皮脂の過剰な分泌を抑える目的にも使用される。 【モモ果汁】 桃の実から抽出した果汁。うるおいを与える成分として使用される。 【カミツレ花エキス】 アピゲニンを含むキク科の植物カミツレの花から抽出されるエキス。保湿、抗炎症作用に優れた成分。 【加水分解エクステンシン】 ダーカスカロット(人参の一種)から抽出したエキスで、植物性コラーゲン。アミノ酸。 【加水分解トサカ】 ニワトリのトサカのタンパク加水分解酵素で分解して得られるものである。保水材として使用される。 【ダイズエキス】 マメ科植物のダイズの種から抽出されたエキス。保湿効果、皮膚細胞の活性効果、美白効果、抗炎症効果、皮脂腺抑制効果によるにきび防止、無駄毛を防ぐ効果があり、また、感触改良剤、乳化安定剤としても使用される。成分はイソフラボン(フラボンステロン)、糖類、サポニンなど。イソフラボンにはエストラジオール(卵巣ホルモン)と同じ働きがあり、加齢によるトラブルを防ぎ、うるおいのある肌を作る製品に適している。 【トレハロース】 2つのグルコースから構成されている二糖類。地衣類(コケ)、パン酵母やビール酵母、その他多くの動植物や微生物に含まる。 乾燥などの環境から細胞を保護する働きがある。近年、その強力な保湿、保水効果が注目されるようになった。 【パルミトイルペンタペプチド-4】 人の肌に存在するコラーゲンの構成成分でもある3種類のアミノ酸と、結合を安定させる役割をするパルミトイル(パルミチン酸)から成るペプチド。 【加水分解ヒアルロン酸】 分子量が一万以下の超低分子ヒアルロン酸。水分を抱え込んだまま角質層まで浸透して肌の水分を維持する。 【ヒアルロン酸Na】 ヒアルロン酸のナトリウム塩。水溶性の天然ポリマー。ニワトリのトサカから抽出される、動物由来の天然のものと、微生物を使い、発酵技術によって生産されるバイオヒアルロン酸がある。皮膚の真皮にも存在し、皮膚の水分保持能力の主役である成分です。ヒアルロン酸分子の中に非常に多量の水分を含むことができ(1gの中に6000㏄)、強力で優れた保水性、浸透力を持つ保湿剤として配合されている。また使用感をよくする水溶性増粘剤としても使用されてる。コラーゲン系などのほか保湿成分と組み合わせると相乗効果を得られることから、その方面での研究が進められている。吸湿性は少ないので、環境湿度による影響は少ない。分子量が大きいため、安全性も高いとされている。天然のものは白色~淡黄色の粉末で、バイオのものは無色の粘性の液体。 【海塩】 海水から取られる無機物の混合。塩化ナトリウム、塩化マグネシウム、塩化カリウムが含まれる。ナトリウム、マグネシウム、カルシウムそのほか多くのイオン成分が皮膚細胞を活性化させ、新陳代謝促進と保湿効果をもたらすとして、化粧品成分に利用されている。収れん効果、痩身効果、美肌効果、抗炎性、温浴効果。肌のキメを整え、すっきりと引き締める目的で化粧品に配合。研磨、スクラブ剤としても使われる。 【グリチルリチン酸2K】 甘草(カンゾウ)の根または茎から抽出・精製したグリチルリチン酸のカリウム塩。抗炎症、抗アレルギー、解毒作用を持ち医薬品、化粧品に広く使用される成分。 【アルギニン】 必須アミノ酸の一種。 生体たんぱく質の成分として、動植物界に広く分布しており、魚の白子のたんぱく質であるプロピタミン中には特に多く含まれている。植物種子にも多く含まれる。体内での代謝に重要な役割を果たし、尿素やコラーゲンを作ることに関係している。 化粧品成分としては、保湿効果があり、皮膚コンディショニング剤、ヘアコンディショニング剤として使われるほか、アミノ酸の中でもっともアルカリ度が高いため、水溶液が、他の成分を乳化させる時にアルカリ剤(中和剤)として使用される。 【クエン酸】 天然に広く存在する有機物の一種。レモンやミカンなどの柑橘類におおく含まれている酸味のもと。クエン酸は、安全性が高く、食品添加物としても使用されている。生体内でのエネルギー代謝において重要な役割を果たしている成分で、細胞の活動を促進する効果もある。また、酸であるので、殺菌効果も期待されます。 【カプリル酸グリセリル】 ヤシやパーム油から精製されるカプリル酸・カプリン酸とグリセリンが結合してできた油性成分です。天然油脂に比べて酸化安定性に優れ、粘性が低く融点が体温に近いので、よく延びてさっぱりした滑らかな感触。他の原料との相溶性が良く、化粧品全般に広く使用。 クリーム 30g 10,500円(本体10,000円)

価格: ¥10,000

個数: